人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

熟女パブの熟女とは、何歳からのことを言うのでしょうか。

      2018/06/23

女性の高収入バイトと言えばやっぱり風俗です。

しかし、風俗に抵抗があるという人たちも依然多くいらっしゃるでしょう。
風俗の一歩手前のちょっと敷居の低いイメージを持っているのが、水商売です。
ラインが微妙……という人たちもいますが、風俗は駄目だけど、水商売ならなんとか……と言うご両親もいらっしゃるでしょう。
風俗でお仕事をしている人たちも水商売という言い方をして誤魔化しているケースもあります。

どのような水商売のアルバイトがある?

基本、一緒にお酒を飲んだり話したりして、お客様を楽しませるお仕事ということで、風俗は除外されるはずです。
クラブ・ラウンジがそれにあたります。
スナック・パブ、更にいまちょっとしたブームのガールズバーもそれです。

クラブ・ラウンジ

酒クラブ・ラウンジのお仕事は、お客様の席に座って、お酒を作るサービスをしたり、タバコに火を点けたりしながらおもてなしをします。
更に、そのようなお仕事は、 勤務時間以外のお付き合い、例えば同伴やアフター、メールや電話のやり取りと言ったものも必要項目となって来ます。

水商売で、高級クラブのホステスを目指している人たちもいるかもしれませんが、ただ女の子が見た目を磨けばOKということではなく、より容姿だけでなく品格のあるマナーや高い教養が求められることになります。
お店によっては指名に厳しいノルマが課せられる場合もあるので、水商売と言えども、様々な努力が要求されることになります。
お客様にはどのような層がいるのかといえば、年齢層は高め傾向で、企業のトップや重役クラス、更に有名人など、お金に余裕のある大人の男性が多く占めています。

スナック・パブ

スナック・パブの場合は、全体的にアットホームなお店が多いことを特徴としてあげることができます。
スナックの方が、雇われている女の子も少なく、こじんまりとした感じがあります。
パブでは、女の子はお酒や料理を提供しお客様の話し相手をし、時としてお客さんと一緒にカラオケを楽しみます。
指名・同伴・アフターなどのシステムはここにはありません。

注目ポイントは、クラブ・ラウンジの求人募集年齢は、20~30代という流れがあり、 更にキャバクラは18~23歳あたりです。
ガールズバーは、20代前半の若い女の子たちです。
しかしパブでは、20~40代など、幅広い年齢の女性が働いています。
パブは何歳までOKかといえば、 かなり年齢層が高めということができます。

実際に、近所のおじいちゃんたちがお客様として来て、いつもわきあいあいとした感じです。
パブのお給料は、都心部で2,000~3,000円程度と考えていいでしょう。
ガールズバーは
1,500~4,000円あたりであり、キャバクラは、2,000~3,000円という感じです。

もちろんお店によって違いはありますが、 高級クラブは、日給で2~4万円得ることができます。
いかがでしょうか。
水商売のアルバイトでも、様々な違いがあることがわかります。
しかし、このようなアルバイトは、結構時間に融通がきくケースが多いので、自分のライフスタイルに合わせて働きやすいものを選択するようにしましょう。

ガールズバーやスナック・パブの選択の場合は、同伴・アフター・ノルマがないお店が多いので、時間に縛られたくないという人たちにおすすめです。

お給料も気になる問題

お金お給料も気になる問題ですが、指名やら、同伴やら、ドレスの問題、接客テクニック、 アフターキャバ嬢の店外のお仕事などいろいろな問題を抱えているので、時給をそれほど意識しないというのなら、 スナック、パブなどという選択もありです。
勤務時間外の付き合いや美容代・衣装代も必要もないことを考えるとそちらにも充分メリットはあります。

熟女パブは何歳までOK?

熟女パブなら、40歳までOKということで、熟女のオバサンだって小遣い稼ぎにできるお仕事です。
実際に、熟女デリバリーヘルスなどありますが、30代に入ったあたりから熟女系に移動しようかと考え始める女性が多く、40歳の女性では話しにならないケースは多くあります。
風俗のお仕事の方が稼ぐことができますが、もう既にあなたは該当年齢ではないかもしれません。

そのような意味では、パブという存在は、熟女にとって、かなり頼もしい存在と感じるのではないでしょうか。
はじめての女性たちは、体験入店の制度もあるところがあります。
誰にでもできる仕事というのは基本的に低時給な求人と考えることができますが、 パブなら、体力的にもそれほどハードではなく、かなり効率よくお仕事することができます。
風俗ではないので、基本、接客がお仕事だとしても、 風俗ではありませんので、エッチなサービスが求められることはありません。

パブの場合、キャバクラやガールズバーのような指名争いが起こりにくいメリットがあり、熟女の人たちとって厳しい体験をしないでいいメリットがあります。
パブで仕事をする人たちの収入は基本、時給・日給です。
他の水商売と比較して、プラスαがなくお金が安いと感じてしまうことがあるかもしれませんが、出勤すれば、何歳の人たちでも確実にお金を稼げる方法です。
風俗やキャバクラのように待機している時間も考える必要はなく、お客様がいない時には、お酒を作るなどの雑務をすることになります。

様々なプレッシャーがないから、時給が安いともいうことができますが、気楽にいつまでも働けるというのなら、やっぱりこっちにメリットがあるそうです。
実際に、熟女の人たちが、ガールズバーでお仕事をはじめても、お客様に歓迎されることはありません。
パブには、そのような意味では、需要が存在しているから熟女求人募集にも積極的です。
ただし、注意をしなければならないのは、中には、 18歳以上の女性を歓迎するパブも存在して、熟女と名が付いているものの、どんどん若い傾向が高くなってしまっているお店も見つけることができます。

そのようなパブでお仕事をしているとお金はもらうことができるかもしれませんが、相当プレッシャーありと思ってしまうでしょう。
お客様は、熟女に対して、ズケズケと「年増!」「ババァ!」とか言い出してしまうでしょう。
いつまでOKかといえば、熟女のパブと言えども、やっぱり40代までがギリギリラインで、50代は雇われないケースが多いでしょう。
本当のことを言えば、世間では熟女とはそのような年齢のことを言うのかもしれませんが、水商売の世界でも、熟女年齢は若干低めるです。

しかし、探せば、50代でもOKというお店がない訳ではありません。

ひょっとしたら風俗?

男性 女性パブのお仕事を求めている人たちは、ひょっとしたらパブは風俗のお仕事で、エッチなサービスをしなければならないかもという不安感を持っているかもしれないですよね。
このような悩みって、永遠に消えることはありません。

パブと言う名前がついていて、中では性的サービスを提供するところもひょっとしたらあるかもしれません。
しかし時給を高く出すと言われても、納得できなければ、性的サービスなど提供できるはずはありませんし。
ですから、求人に応募する際には、できるだけ沢山質問をし、疑問点を解消しておくという気持ちが必要です。
収入の仕組みがどのようになっているのか確認しておきましょう。

日払いなのか週払いなのか、支払い方法はどうなっているのか……、しっかり面接官と向きあうことで、この熟女パブが良心的パブか見える部分もあります。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談