人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

「40歳のソープ嬢って既に終わってる」って言われてしまった……。

      2018/06/25

40歳、アラフォーの女性って、まだまだ世間では、通用する年齢と思われているかもしれません。
まだまだキレイな女性が多いですよね。
しかし、そんなアラフォー、40歳のソープ嬢ってどうなのでしょうか。

終わってるという声も聞きます。
本当に、終わってしまっているのでしょうか……。

40歳ソープ嬢、頑張っているというものの……

絶望 女性アラフォーのソープ嬢はまだまだ、これからも風俗嬢として頑張ってお仕事をしようと思っているのです。

サラリーマンなら、まだバリバリお仕事できる年齢ですが、風俗嬢はどうなのでしょうか。
ある女性の声を聞けば、ソープランド嬢というものの、月30ぐらいしか稼げなくなってしまって、生活費ギリギリであり、貯金は全然出来なくなってしまったということです。
月30といえば、別に、辛い思いをして風俗嬢をしている利点もなく、既に終わってるかもしれません。
でも、風俗というお仕事に慣れてしまっているし、不安ながらも、ソープランドの仕事をし続けている人たちもいるようです。

実際に、風俗嬢としてお仕事をしていて、あと自分がここで何年仕事が出来るか考えると不安という人たちが多いと言います。
でも、30歳あたりの年齢の女性たちは、アラフォーでも、風俗嬢をしている女性を見れば、そこまで頑張ることができることを知ることができ、終わってる訳でもなくかなり勇気づけられることでしょう。
しかし、30歳あたりでも、限界と嘆いている女性もいるようですが……。
そもそも、なんで、そんな感じで、ソープランドという仕事にしがみついていなければならないかといえば、彼女たちは、昼間の経験がなく、風俗という仕事にしがみつき過ぎてしまっているからです。

実際に、バリバリの風俗嬢となり、女性たちは、すぐに風俗と言う仕事をリタイアしなければならない自体を、それほど正しく把握していなかったようです。
そのような女性たちが、ソープランドをリタイアして、すんなり結婚すればいいのですが。

まだまだ女の子は頑張っている

石鹸なかなか、いい相手が見付からないから結婚できないという女性がいる一方では、結婚したって、お金を稼ぎたいから、人妻風俗で頑張っている女性たちがいます。

自分では、マンションのローンが終わるまでなんとか頑張りたいといった一応目標値が存在しているようです。
実際に、ソープランドのお仕事の限界は、何歳なのでしょうか。
噂によれば、アラフィフの風俗嬢も、吉原では頑張っているという話しです。
そんな年齢でも、出勤をしてお客様がつけばいいですが、売れないから、人間として問題あるのかしらなどと、自己嫌悪の極致に陥っている女性もいます。

ランカーになんてなることは出来るはずもなく、収入はダウンして、体力的にも限界を感じ、今日にでも、明日から来なくていいからという声がかかってしまうことに戦々恐々としている女性もいるでしょう。
風俗で仕事をしている女性たちはいいます。
アラフォーでも、稼ぐことができる環境はしっかり作られなければならないと。
しかし、そうはいうものの、結局は需要ですよね。

お客様だって、そんなアラフィフを押しつけられてたまったものではありませんし。
女性たちの戦略としては、馴染みの客をつくることで、指名しなければならない宿命を男性に背負わせるという方法はありますが。
どこかのソープランドでは、70歳あたりの男性が、アラフィフの風俗嬢をつかまえて、お店の中で茶飲み話など展開しているかもしれません。
それは、それで、女性たちが稼ぐことができるのならいいですが、それほど多くある光景という訳ではありません。

キャバクラで仕事をして、愛人やって、そして、現在ソープランド勤務という女性もいますが、ソープランドって、そんなトシマの最終的居場所になりうることができる仕事なのでしょうか。

ソープランドの抱える問題

高齢化現在、ソープランドという風俗では、実際にどこも高齢化という問題を抱えているといいます。
ソープランド自体、お店も古い感じになってしまい、そこで、仕事をしている人たちも古く、そして、お客様も古いという現象が起きていると言います。

とにかく、若い人たちに聞けば、ソープランドへは一度も行ったことがないという声も多く聞きます。
若い人たちが、風俗に関心を持つものの、ソフト風俗程度のものに留まり、ソープランドにまでお金をはたこうとは考えないようです。
若い人たちにとって、ソープランドなんて、歴史の産物に過ぎないかもしれません。
実際に、ソープランドを利用している男性って、若い人でも40あたりといいます。

ただし、ソープランドがやっぱりいいという支持をしている年配の方々もいて、年金で、ソープランドへ来るという男性も段々と増えて来ています。
このような状況で、ソープランドというシステムが、上手く成立出来ればいいですが、やはり厳しいでしょう。
年金では、なかなかソープランドは厳しいと判断するでしょうし、やがて、年配者は死んでしまうでしょう。
女性はといえば、現在、かろうじてアラフォー女性を確保していたとしても、いずれ、そのような女性たちがやめない限り、アラフィフを迎えてしまうことになります。

果たしてソープランドには、いまから改善の余地は存在しているのでしょうか。

ソープランドは、料金が高い

ソープランドは、他の風俗と比較して、料金も高め設定だから、敬遠している傾向があります。
入浴料+サービス料というちょっとわかりづらいシステムも、利用する人たちに、ちょっとわからないという問題点を抱えているようです。

プラスαという料金システムが、行けばもっと高いお金をとられてしまうかもという不安を抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。
そして、風俗業界が、かつて存在していた風俗=ソープランドという構図を消してしまったともいえるかもしれません。
まさに、いろいろな風俗があるから、何も若い人たちは、ソープランドに向きあわなければならないと言うことではありません。
ソープランドは、料金も高いですし、かつ風俗の中でも特別な存在であり、街のいためるところにソープランドがあるという訳ではありません。

そして、高齢化の問題を抱えている

若い人たちも、ソープランドで、若い女の子がいると知れば、頑張ってソープランドに来ようという気持ちは生まれるのかもしれませんが、実際に女性もソープランドでどんどん高齢化していると言われています。
いままでずっと長引いてきた不況も大きな原因のひとつと考えていいでしょう。
女の子たちが、単に小遣い稼ぎというのなら、ある程度、年齢がいって需要が存在しないかなと思えばリタイアもしやすいですが、経済不況でやむなくソープランドで仕事をしている人たちは、簡単な気持ちで、ソープランドをリタイアすることができません。

いまだ、不況と呼ばれているから、どんどんやめることができない女性をソープランドでは抱えてしまうことになります。

高齢女性の需要増

ここで、アラフィフ、アラフォーの唯一の救いといえば、高齢女性の需要増です。
ソープランドのアラフォー女性たちが、求められてここで仕事をしている環境ならいいのです。

熟女・人妻需要が存在しているのは事実です。
デブ専よりは、熟女のほうがましという声も一杯聞きます。
しかし、ソープランド全般に、熟女需要が存在しているかは疑問なのです。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談