人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

風俗嬢だけど30過ぎたら辞めた方が良い?続けるメリットってある?

      2018/06/27

風俗の仕事というと、若い女性がやる仕事で、30過ぎたらもう辞めるという印象があるかもしれません。
ただ、現実には30過ぎても辞めない風俗嬢の数は非常に多いです。
20代のうちに辞められず、そのまま風俗の仕事を続けると、社会復帰ができず、ずるずると風俗嬢であり続けてしまうかもしれません。

30過ぎの風俗嬢の需要

絶望 女性風俗の世界には40歳限界説と呼ばれるものがあります。

風俗の世界は若い女性ほど稼ぎやすく、年齢の経過と共に需要が落ち、稼げなくなります。
40歳とは、風俗嬢にとって節目の年となります。
どれほど稼ぎの良い風俗嬢でも、寄る年波には勝てません。
30過ぎであればまだ稼げる方なのですが、40過ぎともなると需要が減り、稼げる金額も落ちてしまいます。

風俗嬢はOLなどと違い、何歳までしか働けないといった年齢上限はないです。
一応、18歳以上でないと働けないという年齢制限こそありますが、18歳以上であれば、何歳まででも風俗嬢として働けます。
しかし、いくら何歳まででも働けるといっても、需要が無ければ稼げず、生活が成り立ちません。
確かに風俗の世界において、熟女は一定以上の需要があるジャンルなのですが、年齢が40歳を超えてしまうと、熟女店や人妻店でも需要が減り、稼げなくなります。

30過ぎで、まだ40手前の風俗嬢とは、ギリギリ風俗嬢として需要のある最後の年代となります。
30代前半ならば、熟女を売りにすることで稼ぎを増やすこともできるでしょう。
しかし、30代後半ともなると、だんだんと需要が落ち、稼ぎが低迷しやすくなります。
中にはこれ以上収入が落ちるとやっていけないという、ギリギリのラインで生活をしている女性もいるでしょう。

このように、30過ぎの風俗嬢は、風俗嬢としてやっていくことが一応はできます。
しかし、40代になったら、今までのように稼げないでしょう。
中にはこれ以上は無理だということで、風俗の仕事を辞める女性もいます。

30過ぎなのに辞めない理由

財布たとえブスで、性格などの内面に問題を抱えている女性であっても、20代であれば風俗嬢として一定以上の需要があるため、稼げます。
しかし、年齢を重ね、30過ぎともなると、美人でも稼ぎが悪くなります。
このような事情もあるだけに、風俗嬢は30代になる前に辞めることが多いのですが、中には30過ぎでも辞めない風俗嬢もいます。
一体なぜでしょう?

30過ぎても風俗の仕事を辞めない理由として、まず金銭的な問題があります。
風俗の仕事は確かに世間体こそ悪いのですが、その一方で稼ぎに関して言えば、普通のOLの倍以上の給料が見込めます。
特に、デリヘルやソープのようなハード系の風俗嬢ともなると、年収が1000万円を越えることもあります。
今まで高収入が当たり前の生活を送ってきた風俗嬢が、いざ仕事を止め、月給20万円にも満たない昼職に就けと言われても、流石に無理があるでしょう。

もちろん、努力すれば可能でしょうが、そこには様々な犠牲が付きものです。
高級マンションから安アパートに引っ越さないといけないでしょうし、今後はブランド品など滅多に買えません。
旅行も年に一回程度しか出来ないでしょうし、食事も質素になるでしょう。
もちろん、ごく普通のOLからすれば、これらのライフスタイルはそれほど無理のない、きわめて平凡な生活なのですが、高収入が常態化した風俗嬢からすれば、かなりの不満の多いライフスタイルです。

一度、風俗嬢ならではの金銭感覚に慣れてしまうと、平均的な金銭感覚を取り戻すのに苦労します。
中には、一度は社会復帰できたものの、お金がない生活に我慢できず、風俗店に出戻りしてしまう女性も多くいます。

転職と結婚のハードル

風俗嬢が仕事を辞めない理由はなにも金銭の問題だけではありません。

いくら風俗嬢が辞めたいと思っても、辞められない事情が存在します。
まず、風俗の仕事をしている女性がいくら望んだところで、風俗並みに稼げる仕事など滅多につけません。
もちろん、風俗嬢が独立し、自分でお店を経営するというのであれば話は別ですが、それもなかなか難しいでしょう。
風俗嬢はただでさえ転職が難しいです。

かといって、結婚もなかなかできません。
風俗嬢はそもそも男性よりも稼いでいることが多いため、経済面で男性を必要としていないことが多いです。
それに加え、風俗嬢を嫁にもらってくれる男性なんて滅多にいません。
もちろん、探せばいるのですが、風俗嬢並みに稼げる高収入な男性が風俗嬢を嫁にもらってくれることなど、それこそ滅多にないです。

たとえ巡りあわせが良く、結婚できたとしても、過去に風俗嬢として働いていたという経歴のせいで離婚されるリスクがあります。
風俗嬢は、そうでない女性と比べ、結婚のハードルがとても高いです。
特に、30過ぎの風俗嬢ともなると、尚更です。
このように、30過ぎの風俗嬢ともなると、転職はもちろん、結婚すら容易ではないだけに、辞めたくても辞められないことが多いです。

それだけに、風俗嬢は一旦辞め時を逃すと、そのまま辞めないで、延々と風俗の仕事に就く可能性が高くなります。

30過ぎで続けるメリット

Ok, Good風俗嬢が辞めない理由は多々あるのですが、必ずしもネガティブな理由で辞めないというわけではないです。

中には、あえて風俗の仕事を辞めないで、続けるという女性もいます。
まず、風俗嬢は40歳が限界で、それ以上の年齢を重ねると稼げなくなると言いましたが、それは裏を返せば30代までならば、まだまだ稼げることを意味します。
そして、20代のみならず、30代以降も本格的に風俗嬢として働くとなると、わずか20年で平均的なOLでは生涯かけても稼げないほどの収入を稼げます。
女性の生涯年収というと、正社員であればだいたい1億5000万円ほどと言われています。

しかし、派遣や契約社員ともなると、生涯年収は9000万円で、一億円にすら届かないと言われています。
しかし、風俗の仕事を始めると、生涯年収が1億どころか、2億を超えることもあります。
例えば年収1000万円稼げるソープ嬢がいるとして、このペースで20年間働くと、それだけで2億円もの稼ぎが得られます。
ちなみに、ソープ嬢の中にはたった10年で5億円稼いだという強者もいます。

風俗の仕事をしている女性の中には、学歴や職歴がなく、貯金もなく、まともな仕事に就けないという女性もいます。
しかし、風俗の世界であれば、学歴や職歴に関係なく、短期間で高額の報酬を稼げます。
風俗の仕事をすれば、昼職の女性がどれほど頑張っても稼げないような大金を短期間で稼げるのに、なぜ年齢を理由に辞めないといけないのでしょう?
OLになっても1億円もの稼ぎが得られないのであれば、風俗嬢になって2億円稼ぎ、40代になったら早々にリタイアし、老後をゆっくり過ごす、そんな生き方も、風俗嬢ならば十分に可能です。

風俗の仕事は確かに世間体が悪いのは事実なのですが、世間体を気にしたところで収入はアップしません。
世間体など興味がなく、お金さえ入ればそれでいい、そんなふうに考えられる女性にとって、OLの仕事には何のメリットもないのかもしれません。
稼ぎが低い仕事をし、老人になるまであくせく働くのであれば、風俗嬢の仕事をして一気に稼ぎ、残りの人生を有意義に過ごしたい、そう考える女性がいたとしても全然おかしくはありません。
30過ぎても風俗の仕事を続ける女性の中には、OLのメリットと風俗のメリットをそれぞれ計算した上で、風俗の仕事を選ぶ人もいます。

転職する場合

風俗の仕事でも、十分な稼ぎを得ることは可能です。
しかし、それでも転職をする場合、まず履歴書を作成するにあたって、空白部分をどう埋めるかという問題に直面します。
風俗嬢が今の仕事を辞め、転職する場合、履歴書の空白期間には自営業の仕事をしていたと言うと良いでしょう。

そもそも風俗嬢はお店の従業員ではありません。
個人契約を結んで仕事をしているため、立場的には自営業者となります。
そのため、自営業といっても間違いではありません。
さらに、仕事は主に営業をしていたと言うと良いでしょう。

実際、指名を獲るために営業活動をしていたわけですから間違いはありません。
風俗嬢は確かに職歴に書けませんが、風俗嬢には人並み以上のコミュニケーション能力があります。
転職をするのであれば、会話能力を活かし、営業職に就くと良いかもしれません。
風俗嬢の社会復帰は確かに大変ですが、早めに転職活動をすれば、持ち前のコミュニケーション能力を活かし、社会復帰することができるでしょう。

風俗嬢は確かに30過ぎともなると、需要が減り稼げなくなるかもしれません。
しかし、40歳前までならば、まだ稼げます。
中には、OLになるぐらいならば、風俗嬢で良いと割り切って辞めない女性もいるほどです。
ただ、風俗の仕事を辞めたいと思うなら、早めに行動した方が良いでしょう。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談