人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

熟女系の風俗嬢が悩む更年期障害について。その付き合い方を解説致します

      2018/06/29

人妻系の店舗や熟女系のお店で働くキャストに必ず訪れる更年期障害。
最近では若年性更年期障害などに悩まされる若い女性も急増しており、その数は年々増加傾向にあります。

今回はそんな更年期障害に焦点を当て、その症状や付き合い方について解説していきたいと思います。

何故更年期障害が起こるのか

Why更年期障害は、女性の閉経によって引き起こされる事がほとんどです。
閉経とは月経(生理)が1年以上来なくなった状態で、完全にその機能を停止させた状態を指します。

多くの女性は50代で閉経しますが、個人差もある為早い人は40代で閉経する方もいるのです。
閉経によって卵巣の働きが悪くなってしまう事で、女性ホルモンが分泌されにくくなる事で引き起こされます。
別名をエストロゲン(卵胞ホルモン)とも呼ばれており、これが急激に体内から減少してしまう事が原因です。
この女性ホルモンが少なくなる事で、体の様々な部分が機能しなくなります。

後述する更年期障害の症状はこれによるものです。
そして体はこのホルモンの減少を補う為に、脳から「もっとエストロゲンが必要だ!」という信号を送る様になります。
その信号を送る時に脳では様々な部分を使用してしまう為、本来は必要のない神経を刺激し、興奮を引き起こすのです。
これが原因となり、自律神経が乱れて感情の起伏が激しくなってしまったり、逆に無気力になってしまったりします。

つまり体内にあるエストロゲンが急激な変化を起こす事でその対応に体がついていかず、その反動から自律神経の乱れや身体的不具合が生じるのです。
症状の重さは人によってそれぞれではありますが、日常生活が困難になってしまう程のものを更年期障害と呼称しています。
そこまでの症状になってしまう場合は、かかりつけの病院などで治療を受ける人が多いです。

更年期障害の主な症状と解消法

肩こり

更年期障害を発見する症状として最も多いのが肩こりです。
もともと肩こりに悩んでいる方に関しては、女性ホルモンの減少からその症状がさらに酷くなるとも言われています。
日頃からストレッチを日常的に行う様に心掛ける事が大切です。
普段姿勢の悪いままで生活していると、症状が悪化し易くなりますので注意しましょう。

肩の血行を良くするイメージで、肩をほぐす様な動きをする事で症状の緩和に繋がります。

疲れやすさが出る

体がだるくて動かない、何一つやる気が出ない、という一見ただのめんどくさがりに見えるこれも、更年期障害の代表的な症状の一つです。
ホルモンバランスの乱れから、体が上手く機能せず、脳も「とにかく休もう」という信号を送ります。
これにより周りの人間からは「怠けているだけ」「ダラダラしている」と見られがちですが、立派な症状ですので治療が必要です。

ホルモンの補充治療を行う事で、体がホルモンバランスを取り戻し、動きやすくなってきます。
この医療法は病院で相談すれば受けさせてくれますので、治療の際はその旨を伝える様にしましょう。

頭痛

頭痛更年期に入る事によって、血管が収縮してしまい、その圧迫感から頭痛を引き起こしやすくなります。
現時点の医学では直接的に女性ホルモンが関係すると断言は出来ません。

その為、更年期障害であろうとなかろうと、東部に関する痛みについては必ず病院に相談するようにしましょう。
重大な病気等の初期症状にも頭痛はありますので、早期発見のためにも早めの診断をオススメします。

ホットフラッシュ

更年期障害で有名な症状と言えばこれですよね。
主に発汗やほてりが周りの気温や状況に関係なく突発的に現れる症状です。

上記で説明した様に、脳からの信号に反応して自律神経が乱れてしまい、この症状が現れます。
ホルモンバランスが原因となる症状ですので、ホルモン補充療法を行う事でこの症状は改善される事が多いです。

不眠症

これも同じ様に自律神経やホルモンバランスの乱れのせいで、眠りが浅かったり、寝つきが悪くなったり、目覚めてもスッキリしないといった症状が現れます。
スポーツや軽い運動をして適度に体を動かしたり、朝一で日光を浴びて体内時計をリセットするなどして眠りにつく環境を整える事が大切です。

治療方法としては生活習慣を見直すほかにも、ホルモン補充療法や睡眠薬を導入して様子を見るなどの方法があります。

腰痛

更年期による体の機能の衰えから、腰痛を発症したり、もとからのものがさらに悪化する方も多い様です。
また閉経後骨粗しょう症の症状である場合がありますので、あまりに痛みが酷い時は早急に病院の先生に見てもらう様にしましょう。
またこの閉経後骨粗しょう症の場合、種類によっては保険も適用されていますので、先生に相談してみて下さい。

ストレスが溜まりやすくなる

前述で少し触れましたが、自律神経が不調になると、情緒が不安定になりやすいです。
その為、今までは何も気にしていなかったちょっとした事が目につき、些細な事でイライラするようになってしまいます。
そういった怒りの感情だけでなく、不安に思う気持ちや悲しい感情などが、自分の意思に反して大きく表に出てくるのです。
ただ少し話しているだけで涙が出てきてしまったり、ちょっとした不安が大きな心配に繋がってしまったりと、自分の感情をコントロ-ルするのが難しくなってきます。

根気よく治療を続けていく事で、これらの症状もゆっくりと解消されていくでしょう。

動機や息切れ

普段と全く変わらない生活をしているのにも関わらず、運動した後の様な息切れや、心臓がドクドクと大きく脈打ちする事があります。
これはエストロゲンの減少によって引き起こされる呼吸器・循環器の機能低下が原因とされているのです。
上記で紹介している様に、これもまたホルモンバランスの乱れや自律神経が乱れている事による更年期の症状ですので、治療をする事で改善されます。

鬱状態に陥る

特に何か心配事がある訳でも、落ち込む様な出来事があったわけでもないのに、急に気持ちが沈み塞ぎ込んでしまう場合があります。
人と関わりが無い、家からあまり外に出ない方がよく発症する症状です。
かといって急に人間との関わりを持つと、普段の生活リズムを乱されたことにイライラしてしまう事もあり、改善が難しいとされています。
普段から少しの散歩でも構いませんので外出する習慣をつけて、一日一回は誰かと会話する事を心掛ける事で予防、改善に繋がります。

ただし、更年期障害から来る鬱症状なのか、本物のうつ病かの判断がつきにくいと言う事もありますので、それらしい症状が出た時はまずお医者さんにかかるのが良いでしょう。

立ち眩みやめまい

頭痛とよく似たメカニズムで巻き起こる立ち眩みやめまいですが、これらも血管の収縮が原因とされています。
止まった状態から急に動いたり、いきなり立ち上がったりすると目の前が真っ白になって、立っていられなくなるのが特徴です。
対策としては急な動きを減らし、ゆっくりと体を動かす事を心掛ける様にする事です。

また症状が起きた時は無理をせずその場に横になるなどして、症状が治まるまで休むようにしましょう。

ピルが更年期障害の予防薬になる?

薬ソープ等の本番を前提とした仕事に従事するキャストの多くは、ピル等を服用してホルモン調整を行いますが、このピルが更年期障害の症状を軽減してくれる事があります。
といっても普段普通の女性が服用するのは低用量ピルと呼称されているものですので、大きな効果は望めません。

服用を20代から始めていれば、ピルを使用したホルモンコントロールに体が慣れる為、ホルモン補充療法で大きな効果が得やすくなる、というのが正しい知識です。
40歳を超えてピルの服用を始めてしまうと、動脈硬化などを引き起こしやすくなってしまったりしますので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

更年期障害の正しい付き合い方をある程度お分かり頂けたかと思います。
これらは女性に軽度、重度の差はあるものの必ず訪れるものであり、決して怖恐い病気などではありません。
大切なのはこれらの症状に一つずつ向き合い、正しい対処をとっていくという事なのです。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談