人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

熟キャバは年齢いくつまでだったらバイトできますか?

      2018/07/17

風俗の接客でも基本的に性的サービスを行わなずに接客をするジャンルにキャバクラがあります。
きれいな服を着てお客の隣に座って接客するスタイルは一部の若い女性にも人気のキャバクラですが、同じキャバクラでも最近話題になっているのに熟キャバがあります。
熟キャバは若い女性だけと思われていたキャバクラに革命をおこすような感じですが、今回はその熟キャバ、年齢はいくつまでだったらバイトできるかをはじめその他の条件など熟キャバの実態に迫ります。

熟キャバとは

まず最初にいったい熟キャバとは何なのか見てみましょう。
熟キャバとは熟女キャバクラの略称で姉キャバともいいますが、姉キャバの方が熟キャバよりは少し年齢が若くなります。
年代順にみるとキャバクラ→姉キャバ→熟キャバとなります。

近年の熟女ブーム相まって男性客からのニーズが高まってこのような新しいジャンルが生まれました。
熟キャバ店は普通のキャバクラよりも店内の照明が暗くなっているのが特徴です。

熟キャバの仕事内容は

女性 笑顔ここでは熟キャバのシステムがどうなっているのかを見てみましょう。

基本的には仕事内容は一般のキャバクラとほぼ同じです。
お店を訪れた男性客の隣に座ってお酒を提供しながら会話でお客をもてなすのが仕事です。
お酒や料理の注文があればそれをボーイに伝えたり、お酒を注いだり灰皿の交換やタバコに火をつけたりホステスさんがするサービスも行います。
またお客がトイレに行くときはトイレまで案内してあとはそのままお絞りを用意してお客が出てくるのを待ちます。

熟キャバの女性の年齢層と客層は

それではここで熟キャバで働く女性の年齢層と熟キャバを訪れる男性の客層を見てみましょう。
姉キャバは20~30代までの女性で、熟キャバの一般的な女性の年齢は30~40代で最高で50代までの女性がいます。
アラサーは姉キャバ、アラフォーは熟キャバと覚えておけばいいでしょう。

熟キャバは客層も比較的年配者が多くなっています。
また熟女ブームで年上の女性に甘えたいという若い男性客も増えています。

熟キャバのシステムは

熟キャバで働く場合の給与のシステムなどを見てみましょう。

支給されるお給料は一般キャバクラよりは時給は低くなっています。
お客さんのチャージ料金も多少安くなっていますのでその分キャバ嬢のお給料も安くなるわけです。
お給料は時給制でだいたい3,500円前後が相場です。
普通のキャバクラと同じようにドリンクバックや指名バック、同伴出勤やアフターもあります。

熟キャバ面接で受かるためのポイント

チェックリストそれでは熟キャバの面接に行って受かるためのポイントを見てみましょう。
・年齢にあった服装で:若い子も一緒に働くお店ではありませんから、無理に若つくりなどしないで自分の年にふさわしい服装で行きましょう。
・面接では正しい敬語を使うように:面接担当者たとえ年下でも正しい敬語を使って応答してください。
・上手に自分をアピール:落ち着いた態度で上手に自分をアピールしてください。
接客に慣れていることとか聞き上手であることとか、キャバクラでの接客に役立つポイントをアピールしましょう。
・キャバクラや水商売経験者であれば面接に受かったら即出勤でも問題ありませんが、キャバクラや水商売が未経験の場合は体験入店がおすすめです。
ほとんどの熟キャバでは体験入店制度を採用していますので、そのお店の雰囲気や客層、仕事の実際の流れなどが見れてとても便利な制度です。

熟キャバが多い地域は

ここでは熟キャバが多い地域を見てみましょう。
日本全国どこでもキャバクラがある所には熟キャバもあります。
大都市の駅周辺の繁華街や歓楽街などでは探しやすいはずです。

熟キャバや姉キャバが多いエリアとしては、札幌のススキノや東京駅周辺・新橋・神田・人形町・日本橋、名古屋歓楽街、大阪のキタやミナミの繁華街などがあげられます。

熟キャバでバイトする上でのメリットとデメリット

それではここで熟キャバで働く際のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

・昼から営業している熟キャバ一般昼職よりもお給料がいい
・おさわりとかハードサービスは一切ない
・年配の落ち着いたお客や年増好みのおとなしい若者が多くて比較的客層がいい
・若いキャバ嬢が働くお店よりはルールやノルマが緩い
・若い娘に混じってでなく同世代の中で働くので気楽

デメリット

・他の風俗に比べお給料が低い
・洋服代や化粧品代がかかる
・熟キャバ勤務は公にはできない

熟キャバでバイトする理由

ここで熟女が熟キャバで働く理由を見てみましょう。
・経済不況下で旦那の給料が下がったから
・派遣の仕事が入らなくなったから
・離婚してシングルマザーになったから
・生活費のためだけれど風俗には行きたくないから

2000年以降のキャバクラの流れ

ここでは2000年以降のキャバクラの変化を見てみましょう。
・1990年代後半までは若いお客はほとんどいなかった状態から、2000年に入って闇金融や振り込め詐欺やテレクラのサクラなどで儲けた若者たちがキャバクラで豪遊し、それによってキャバクラ客の年齢層が一気に低下します。
・2000年初頭には派手な盛り髪とデコネイルのキャバ嬢が話題となりマスコミでも取り上げられて「小中学生の将来なりたい職業」にランキング入りまでします。
・その後警察の闇金関連摘発強化によって、キャバクラで豪遊していた若者が姿を消します。

・2005年風俗営業法の改正によりそれまで深夜過ぎまで営業していたのが深夜1時の閉店となります。
・営業形態がかわり顧客を失うのを恐れたキャバクラ経営者が新たにオープンさせたのが「昼キャバ」です。
・「昼キャバ」のターゲット客層は定年退職者などの小金を持った高齢者です。
それに合わせてキャバ嬢の年齢も高くして採用するようになったのが熟キャバのきっかけです。
・熟キャバオープンに拍車をかけたのが風俗業界の熟女ブームです。
それによって熟女の需要が高まり、供給も増えていったというのが現在までの流れになります。

熟キャバ常連客のコメント

吹き出し最後に熟キャバに寄せられた常連客からのコメントを見てみましょう。

「熟キャバの一番の魅力はキャバ嬢に気を使わなくていいこと。
年齢が近いと話も合うし、若い娘相手のときみたいに疲れちゃうこともないしリラックスして会話を楽しめる。
高級クラブを使うような気詰まりやプレッシャーもなくて、値段もそんな高くないしね。
その他に多少のオサワリを許してくれるのもうれしいね」

「若い娘は確かにピチピチだけど、自己中心的だしちっとも癒されない。
営業仕事で疲れてるときなんて特に何でも受け入れてくれそうな熟女の優しさに癒されたいな」

まとめ

現代は熟女にとっては働きやすい良い時代になりました。

昼職では年齢制限がもっと厳しいですから職探しも楽ではありませんが、風俗業界だったら熟女はまだまだ働けます。
本番を含めてハードサービスも厭わないのであれば、高額が稼げるソープをはじめとしてデリヘルなどがあります。
またできればハードな性的サービスは避けたいということであれば、熟キャバはとても働きやすいジャンルといえます。
インタネットで「熟キャバ 女性募集」検索すればたくさんヒットしますからその中から希望のお店が見つかるはずです。

熟女の魅力をしっかりアピールしてたくさん稼いでください。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談