人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

熟女でも働ける、人妻系風俗店のお仕事内容と給与相場を解説致します

      2018/07/25

「風俗店で働いてみたいけど私の年齢じゃキツいかも…」「こんなおばさんじゃお客さんが付かないと思う…」
こんな風に考えている30代後半~50代の女性が増えており、なかなか業界への一歩を踏み出せない人は多いです。
確かに風俗店と聞くと、若い女の子が人気を博しているイメージがありますし、仕方のない事だと言えるかもしれません。

しかし実際はそんな年齢を重ねた女性だからこそ人気の出る風俗店もあります。
それが世間で言われる人妻店です。
今回はそんな人妻店に焦点を当て、店舗の特徴や仕事内容、給与相場などを解説していきたいと思います。

風俗業界における人妻店の特徴

チェックリスト人妻店で雇用されている女性の年齢は30代を超えた方ばかりで、年齢に対して不安を抱く必要はありません。
女性には歳を重ねる事でしか磨かれない独特の色気の様なものがあり、それを求めてお客様は人妻店を利用するのです。
ただ、もちろん性的サービスを行うといっても接客業である事に変わりはありませんので、身だしなみには気を付ける様にしましょう。
たとえどれだけ色気を持っていたとしても、ぼさぼさの髪の毛や小汚い化粧の仕方ではお客様も満足できません。

人前に出る、ということを忘れずに綺麗に魅せる努力は必要だという事です。
利用されるお客様は色気以外にも、そういった女性にある包容力や母性に惹かれている方も多い傾向にあります。
例えば仕事での愚痴であったり、生活に対する不満であったり、そういったサービス内容に直接関係が無い部分に癒しを求めるのです。
そういったお客様を上手く扱える様になれば、安定して稼ぐ事が出来る様になります。

逆にお客さんの求めるものが色気や包容力である以上、下手な若作りというのは逆効果になるのです。
無駄に明るい髪にしてみたり、喋り方で若者の真似をしてみたりするのは、仕事上でするべきではありません。
もちろん若々しくあろうとすることは悪い事ではありませんが、人妻店を利用するお客様のニーズからは離れてしまいます。
働く上では年相応の、落ち着いた雰囲気で接客する事を心掛けましょう。

また人妻店の特徴として、お昼の時間帯が最も忙しくなる傾向にあります。
本来風俗店というは、夜~深夜にかけてがお客様の集中しやすい時間になるのですが、人妻店にはこれが当てはまりません。
というのも、働く女性の多くが家庭持ちで旦那や子供がいない昼から夕方にかけての出勤が多いからです。
従って夜の出勤員数が少なくなっていいて、24時には閉店してしまう店舗がほとんどとなっています。

そして利用されるお客様も、人妻店は昼間の方が出勤が多く、女性を選べることを知っているので、明るいうちにお客様が集まるのです。
しかし裏を返せばこれは、昼間の出勤は人間が多く競争率が高い事に比べ、夜は出勤人数が少ないから仕事が回って来る確率が高いとも言えます。
現在の人妻店はまさにこの問題で悩んでおり、夜出勤できるキャストを欲している所が多いのです。
すこしでも夜勤務を増やすために、昼間よりも給与をアップしたり、日給保証をつける店舗も増えてきています。

もし時間に余裕がある方であれば、夜の時間帯に働く事を考えてみるのも良いでしょう。

仕事内容と面接までのステップ解説

面接人妻店の特徴が分かった所で、次はその主な仕事内容と面接までの流れを見てみましょう。

人妻店での主な接客サービス内容

今回は一般的な風俗店であるデリヘル・ファッションヘルス・ホテルヘルスを念頭に置いて説明致します。

主な仕事内容はヘルスサービスと呼ばれるもので、フェラチオや全身リップ、素股などを行って男性を射精まで導きます。
本番行為(セックス)は禁止となっており、要はテクニックでお客様を満足させるのです。
オプションと呼ばれる追加サービスの中には、電マやローターといった玩具を使ってお客様が責めてきたり、イラマチオやごっくん等のキャスト自身が行うものもあります。
このオプションに関しては、女性が出来ないものをNGオプションとして設定する事が出来ますので、強制させられる事はありませんので無理なく働く事が出来るのです。

また風俗の未経験者であれば接客技術の講習を受ける事も出来ますので、お客様との接客に臨む前に仕事の流れを掴みたいという方はお店の方に申し出ると良いでしょう。
人妻店を利用する客層は上記で説明した様に、キャストの色気や包容力を求めていますが、プレイ内容に関しては内容の濃いものを求める傾向があります。
俗にハードサービスとも言われていますが、要はテクニックやエロさによる満足度に期待しているのです。
初めは恥ずかしいかもしれませんが、それを乗り越えて如何にお客様を満足させる事が出来るかが、稼ぐポイントになります。

ちなみにハードサービスと反対にソフトサービスという言葉がありますが、これに関しては人妻店で行われる事はありません。
ソフトサービスはオナクラや男性エステの様な、ヘルスサービスを行わない店舗で使用される言葉で、フェラチオやお客様との接触が無い店舗のサービスの事です。

面接を受ける際に注意しておくべきこと

風俗店における採用条件というのは、基本的にハードルが低いです。
何か重大な問題がない限りは、一般的な料金形態の所であれば大体採用されます。

高級店などになると今までの実績であったり、ルックスやスタイルなどの容姿を厳しく見られるところもありますので、自分に合ったお店探しが大切です。
大衆店よりも高級店の方が給料はよくなりますので、もし自信があるのであればまずは高級店から面接に向かうと良いでしょう。
さて、ハードルは低くなっているとはいえ、気を付けなければならない事はいくつかあります。
まず一つ目は言葉遣いです。

たとえどれだけ容姿が良かったとしても、面接官に対していきなりため口で喋る様な女性は敬遠されます。
面接と言う場で敬語も使えない方が、お客様の前で敬語を使えるはずもありません。
接客においてお客様を不快にさせる恐れがある方は採用されにくくなるのです。
次に身だしなみに気を遣えているか、という点になります。

上記でも少し触れましたが、髪の毛も整えず、ヨレヨレの服やサンダルなどを身に着けて面接に臨むのは辞めましょう。
風俗の面接だからと気を抜いてくる人も少なくありませんが、見た目に気を使わないという事は十分不採用になる要素です。
この二つの事について面接で引っ掛かる方が多いので気を付けましょう。
また、これだけでなく一般的な常識に欠けている方も面接で落とされる可能性は非常に高いです。

風俗店の面接だとしても、一般企業へ面接に行く心持でいることが大切であると言えます。

一体どれくらいお給料が貰えるのか

お金人妻店の給与相場としては、お仕事60~80分で1本当たり7000~10000円程度が相場となっています。
日当の平均額は3万円前後で、多い方だと5万円程になる事がほとんどです。

週2回の出勤でおおよそ24万円の月収になりますので、高額な副収入であると言えますね。
キャストは人気が出るとお客様からの指名率が高くなり、お店と相談して指名料を引き上げたりする事が出来ます。
これにより仕事1本の単価が上がって、より効率の良い稼ぎ方が出来る様になるのです。
風俗で安定して高収入を得る為にはお客様からの指名が必要不可欠になります。

少しでも多くの金額を稼ぎたいのであれば、如何にしてお客様を満足させるかを考える必要があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
人妻店についての情報がある程度お分かり頂けたかと思います。

熟女であるから風俗で働く事を諦めるのではなく、年齢を重ねているからこそ需要があるという事が伝わったなら幸いです。
様々なニーズのある風俗業界、今後の大きな副収入の為に少しでも興味を持った方がいれば、是非一度その門を叩いてみてはいかがでしょうか?

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 仕事内容