人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

人妻店って、どんな客層が求めているのかしら?私でも大丈夫かしら

      2018/07/29

熟女の方々、そして、専業主婦という人たちが、いまが、風俗でお仕事をしようと思っているときではないでしょうか。

でも、本当のことを言って、風俗に熟女、専業主婦たちの客層の需要って存在しているのでしょうか。

熟女のAVってあり?

カメラ 撮影熟女の人妻も、ニーズをしっかり理解して風俗のお店でお仕事をするべきと思うのです。
最近、熟女ブームという声も聞きますが、それは本当なのでしょうか。

実際に、AVでも熟女ブームというものも存在しているのは事実です。
AVでも、もともとは無名女優主演作品でしかなかったのですが、1998年に牧原れい子や、1999年に川奈まり子デビューすることになり、2006年には溜池ゴローといった熟女作品に特化したメーカーも登場することになります。
このあたりから、世間では熟女熟女と言われるようになって、結婚してしばらく家に閉じこもっていたような人たちが、ひょっとしたら私にもまだ出来ることがあるのかしらと思うようになって来たのです。
まあ、実際に、人妻たちは、家事はあるものの、暇な時間も結構あって、まさにフルのお仕事という訳にはいかないものの、時間の短いお仕事ならしたいと積極的に思っているのではないでしょうか。

そんな熟女の人妻は、やはりお金を稼ぐ風俗のお仕事など関心を持ってみていたりするのかもしれません。
しかし、まだまだ風俗はハードルが高いと感じているでしょう。
2009年にはジャズシンガーの真梨邑ケイが53歳でAVデビューして話題になってことがあります。
こんな感じで、間違いなく熟女は需要が存在しているのは事実ですが、果たして風俗のほうに需要が存在しているかです。

まさか、自分自身が、真梨邑ケイさんのようになることができるとは、ほとんどの人たちが思っていないでしょう。
それでも、実際に、AV界では1999年に第1次熟女ブームが、2005年に第2次熟女ブームがあり、2012年現在、第3次熟女ブームの最中と言われています。

いままで熟女には価値が存在しないと思われていた

熟女ブームって、当たり前に登場したものではないとも言われています。
熟女ブームは、実際に価値や意味がないものとも今まで思われていた訳ですし。
何しろここには、業者の仕掛けが存在していたともいうことができます。
実際には、80年代から90年代において、熟女を売りに風俗をしているお店なんて見つけることができませんでした。

風俗店には、デブ専門店、ニューハーフヘルスというお店もありますが、人妻風俗という存在もそのようなカテゴリーとして考えることができます。
ですから、絶対にマニアの客層がいないという訳ではありません。
しかし、客層需要が存在していたとしても、かなり狭き門であり、何かカルトチックなお店で仕事をすることに抵抗があるという人たちも多いことでしょう。
ギルティ」というヘルスも、熟女の女性たちがお仕事をしていました。

しかし、それ以外、大きな熟女のお店は見つけることができないで、あとは、ほとんど、無許可の怪しいお店と言っていいかもしれません。

人妻は、若くなければ駄目

注意 マーク人妻という人たちは、イコール熟女ではありませんので、まだまだ救われている面はあるかもしれませんが、しかし、若い人たちは、育児などで一生懸命で、やっと時間がとれて風俗のアルバイトでもしようと思えば、熟女になってしまっているかもしれません。
しかし、風俗は基本、若い人たちが求められている場所だということをあらかじめ意識しておいたほうがいいでしょう。

人妻店にも兆しが……

風俗において、現在にいたり、熟女の兆しが見えはじめるのは、イメクラや性感ヘルスといったニュー風俗からと言います。
風俗店も次々と登場してどんどん厳しい競争に晒されるから、より風俗に特徴や、個性が求められるようになり、その中で、イメクラや性感ヘルスといったニュー風俗と言ったものが登場します。

そして、そのような新しい風俗の形態に上手く紛れ込んで浮き上がって来たのが熟女ブームと言っていいでしょう。
もう実際には、AVでは、ブームは認知されているのですから、このような流れは決して難しいことではありません。
実際に、はじめてみて人妻風俗はとても評判になります。

人たちの心の中に存在している変態

実際に、熟女ブームは、存在しないとしても、男性たちの潜在意識のなかには、熟女と遊びたいという気持ちは存在していと言っていいでしょう。
しかし、それを男性たちがうまく表現できなかったのは、男性達が、それを変態行為と感じていたからです。
風俗も、ある人たちに言わせれば変態と指摘されるかもしれませんが、風俗で実際に遊んでいる人たちは、変態と変態でない境界線をしっかり理解し、変態部分に近付かないことによって、かろうじて風俗では遊ぶ権利が許されている思いがあります。
男性たちは、そこに刺激があるとしても、SMプレイや、スカトロプレイには、決して近付かないでおこうという配慮が存在していたのです。

しかし、その変態という境界線は、消し去られたという感じではないでしょうか。
男性の潜在意識のなかには、熟女と遊びたいという認識があれば、熟女ブームは単にブームではなくなり、これからも長く続くでしょう。
もう既にそのような傾向があります。

人妻たちは意気揚々と……

男性 女性 シルエット人妻たちは、そのような熟女のブームが存在していることを聞き、ちょっと暇な時間が出来れば、私もやってみたいというモチベーションが生まれることになります。
そのような意識も、なかなかいままで起きなかったでしょう。
いま、熟女たちは、そのブームが本当なのか知りたいと思っているのです。
しかし、実際にはまだまだ、熟女にとって風俗はハードルが高い場所と言っていいでしょう。

その理由は、風俗は、どこも特別なプレイをおこなっているという訳ではなく、ごくごくノーマルなプレイに特化して、ノーマルなお客様を相手にしているからです。
普通のお客様は、別に、熟女を求めている訳ではありません。
実際に、熟女が好きか、若い女の子が好きかといえば、90%の人たちが、若い女の子がいいと言うでしょう。
人妻たちが、風俗と向きあうものの、なかなかブームと言っているのに需要が存在していないというあきらめ感に近い現実知ることになります。

人妻は、まだまだ若い人たちも多いので、オナクラや、イメクラ、そしてデリバリーヘルス、ソープランドでも重要はあると言っていいでしょう。
そして、熟女の人たちが、オナクラや、イメクラに行っても、お客様が若い人たちを期待している以上、そんなトシマを選ぶはずありませんし。
「あのオバサン、なんでここで仕事しているの?」「掃除のオバサン?」と思われてしまうでしょう。
なんで?、熟女ブームは存在しているということを確認してここへ面接に来たというのに、悉く裏切られてしまうのでしょうか……。
若い子は、オジサン嫌いでしょう。

であれば、オジサンは熟女と向きあうのが自然と言いたいですが、それも違い、オジサンのお客さんも若い子が好きです。
熟女なら本番行為OKというデマが流れても、オジサンはYESと言いません。
本強したり、店外へ誘い出しプレイしたいと思っているクセして。
可愛い女の子なら、積極的に動こうとせず、ただゴロンと寝ているだけの「マグロ」でもいいんです。

キモ客だって、若い女の子がいいと思っているでしょう。
ならば、人妻たちはどこへいかなければならないかといえば、人妻店でお仕事をしなければならないということです。
唯一ブームを作りだしているのは、「人妻店」と言っていいでしょう。
ここにはニーズもあり、しっかりマイノリティーながらニーズは存在しています。

いかがでしょうか。
熟女、人妻という人たちは、風俗全般を求めていくのではなく、風俗の一部のマイノリティー minorityに需要を求めるというのが正しいです。
マイノリティー minorityなら、間違いなくみなさん方に需要も存在していると言っていいでしょう。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 悩み・相談