人妻・熟女が稼げる風俗求人まとめ

妊娠線があっても働ける風俗といえば人妻店

   

離婚などの様々な理由により子育てをしながら風俗で働こうと考えている女性は日本にたくさんいます。最近ではシングルマザーの問題なども社会的な話題になっているので、実際に子育てをしながらたくさん稼げる風俗店を探している女性も多いでしょう。そういう女性が風俗で働くにあたって問題となるのが妊娠線です。残念ながら妊娠線があるとそうではない女性に比べると多くの風俗店で採用において不利になりがちです。そこでこの記事では、妊娠線があっても働ける風俗である人妻専門店について詳しく解説します。

妊娠線があると風俗の採用で不利になる?

結論から先に行ってしまうと妊娠線があると普通の風俗店では面接の時に不利になります。厳しい現実ではありますが、風俗の世界はやはり見た目が重視される業界なので妊娠線があると若い女性と比べるとお客さんである男性からの評価が下がってしまうからです。
そうなるとお客さんからの指名を集めにくくなってしまうのでお店としても採用しにくいというのが現実なのです。とはいえ妊娠線があるからといっても絶対に風俗で働けないというわけではありません。次の項目以降で妊娠線があっても働きやすい人妻専門店について詳しく解説します。

妊娠線があっても採用されやすいのは人妻店

風俗業界には様々なジャンルのお店がありますが、その中でも人妻専門店は店舗数が非常に多いジャンルです。店舗数が非常に多いということは、それを求めているお客さんも非常に多いということです。
そんな人妻専門店では妊娠線があっても不利になることはありません。むしろ妊娠線があると本当に妊娠した経験がある人妻であるという説得力が増すので、お客さんから人気になることすらあるのです。
そもそも人妻専門店とは名乗っていても在籍している女性が本当に全員人妻なわけではありません。むしろ大抵の女性は人妻ではなく年齢がやや高めなだけです。お客さんもさのことはよく分かっていて人妻専門店というのは要するにアラサーぐらいの風俗で働くにしてはやや年齢が高めな女性がたくさん在籍しているお店だと考えています。
そして20代前半くらいの若い女の子が在籍しているお店よりもやや料金が安いというところに魅力を感じている方が多いのです。そんな中で人妻専門店に本当に妊娠線がある風俗嬢が働いていると、お客さんの背徳感が刺激されて人気になりやすくなります。当然人妻専門店の採用基準において妊娠線があるからと言って不利になるようなことはありません。だから妊娠線がある女性はまずは積極的に人妻専門店の面接に応募するのが良いでしょう。

デリヘルとイメクラ(箱ヘル)どっちがいい?

人妻専門店というジャンルは多くの風俗の業種にありますが、その中でも多いのがデリヘルとイメクラです。基本的に人妻専門店でお店探しをしている場合にはどちらかの職種を選ぶことになると思うのでそれぞれについて詳しく解説します。

デリヘル

デリヘルとはお客さんが指定するホテルや自宅に派遣されてサービスを行うタイプのヘルス店です。イメクラなどの箱ヘルよりも給料が高めで店舗数も多いというのが特徴です。一方でお客さんと個室の中で一対一になってサービスをしなくてはいけないため、本番強要などのトラブルの頻度が箱ヘルよりもやや多いというデメリットもあります。ただし箱ヘルよりもお給料のバックはやや高めなのでとにかく稼ぎたいのであればデリヘルで働くことが最も効率的と言えるでしょう。

箱ヘル

箱ヘルとは店舗を構えていてその中でサービスを行うタイプのヘルス店のことです。デリヘルに比べるとやや店舗数は少なめですが、それでも有名な繁華街であればほぼ間違いなく箱ヘルがあります。またデリヘルと違って店舗内でサービスを行うためお客さんから本番強要をされたりトラブルになったりした場合でも、すぐにお店の人に助けてもらえるというのが大きなメリットです。一方でデリヘルよりはバック率はやや低めでお客さん一人当たりの単価はデリヘルよりも低めになってしまうというデメリットもあります。とはいえ繁華街にあるお店の場合、どんな日でもある程度の客入りが見込めるので安定して稼ぎやすいというメリットもあります。

それ以外に妊娠線があっても稼げるのはどんな職種?

人妻専門店で働く場合まずは店舗数が多いデリヘルや箱ヘルを第一候補にして考えるのがおすすめですが、それ以外でも妊娠線がある女性が働きやすいお店があります。

M性感

M性感とは風俗嬢がお客さんのことを責めるタイプの風俗店のことです。近年になって一気にブームになっていて店舗数も多くなっています。M性感の最大の特徴は基本的に風俗嬢がお客さんを一方的に責めるサービスしかしないという点です。つまりはお客さんから服を脱がされたり体を触られたりする心配がないので、妊娠線を見られない可能性が高いのです。服を脱がずにサービスを行えるのであれば妊娠線がお客さんに見られる心配もないので仕事をするにあたって不利になることは全くありません。
ただし、多くのM性感ではお客さんが風俗嬢にタッチすることを禁止していますが、お店によっては普通のヘルスと同じようなサービスを提供している場合もあるため入店する前に必ず仕事内容を調べておきましょう。

セクキャバ

キャバクラと風俗店の特徴を併せ持っているセクキャバという風俗店もあります。セクキャバではキャバクラと同じようにお酒を提供してお客さんとの会話を楽しみつつソフトな性的サービスを提供することになります。セクキャバで行われる性的なサービスとはキスやディープキス、胸揉みなどが一般的です。
風俗店のように服を脱ぐようなことはほぼありえないので妊娠線があっても働きやすいと言えるでしょう。なお、お店によってはほぼトップレスになってお客さんに胸を触らせたり舐められたりするサービスがありますが、その時にも妊娠線が見えないように気をつけて服を脱げばお客さんにバレてしまうようなこともありません。

ピンサロ

ピンサロとは大きなフロアの中にいくつもソファーやテーブルが置いてあり、それぞれの席で風俗嬢がお客さんに対してサービスを提供するお店です。ピンサロでは主に手コキやフェラチオでお客さんを射精させてあげることになります。
ピンサロの場合、トップレスになることも珍しくないので妊娠線が見えてしまう可能性がありますが、基本的にピンサロは店内が非常に暗くお客さんがあまり体を見れないようになっているので妊娠線があっても問題なく働ける可能性が高いのです。
デリヘル家箱ヘルなどとは違ってお給料が時給制に設定されているのでお仕事さえすれば安定して稼げるというのも大きなメリットです。特に子育てをしながら働く女性の場合、ヘルスのような完全歩合制の給料だと安定して稼ぐことが難しいというデメリットもあります。それに比べれば時給制のピンサロは出勤さえしっかりすれば稼ぎやすいというのが大きなメリットと言えるのです。

まとめ

妊娠線があっても働ける風俗である人妻専門店について詳しく解説しました。この記事で紹介した通り人妻専門店であれば妊娠線があることによってお客さんの背徳感が高まり人気になれる可能性もあるので、採用において不利になることはありません。他にもM性感やセクキャバなどのようにお客さんに妊娠線を見られる心配がないお仕事であれば、妊娠線がある女性でも不採用になる可能性は低いと言えます。

人妻・熟女が稼ぐ為には

スカウト型高収入求人サイトなら待っているだけで、お店からオファーが来ます!
登録も無料で安心!

高収入バイトを掲載している求人サイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

早速、登録しよう♪

 - 面接・採用